【予算特別委員会 意見表明】
今日は9:30から予算特別委員会の役員会、10:00から各会派の意見表明が行われる予定でした。

しかし、各会派の態度が調整できていないので、委員会が再開されたものの休憩に入り、調整となりました。

今回の予算審査を通じて各会派が問題としているのが、「法人保育施設等児童検診助成事業の保育環境」についてです。

これは、法人保育園に対して支払われる助成金の一つで、眼科・耳鼻科の専門家による検診に対して、助成が行われています。

数年前にスタートした「子ども・子育て支援新制度」に移行したことにより、各園に対して支払われている公定価格の基本分単価の中に費用が盛り込まれているのか・いないのかについて見解を当局に求めたところ、積算根拠が明確ではないことが問題点の1つとなっています。

さらに、今回の変更に伴う影響を受ける法人保育園会や医師会等の関係者との協議についても、しっかりと説明責任を果たしていないことが質疑の中で明らかになりました。

ゆえに、議会全体の調整で「委員会決議」を付ける調整を行っていますが、朝の役員会の時点で、維新の会は足並みを揃えず修正案を提案するという報告がなされたので各会派でどうするのかを協議するため調整が続いています。

おすすめの記事