今日で長かった予算議会(3月議会)が終了しました。

本会議では、
議案第37条など28件が一括上程され、予算特別委員長による報告の後に採決が行われました。
私が所属する会派としては、結果的に全ての議案に対して賛成の立場を取りました。
しかし、全面的に賛成をしたわけではなく、先日の意見表明で法的な拘束力はないですが、
市民に影響の大きい以下の項目などについて配慮する様に意見を付けました。

・尼崎高原ロッジの民間企業への売却について → 凍結
 市民が身近に憩える貴重な財産であることを踏まえ再検討を行い、6月議会までに報告すること。
 その間、3300万円の執行凍結を求める。

・新高校(尼崎東高と産業高の統合校)建設について → 再検討
 100年の大計に立った市内外に誇りうる、シンボル的な魅力を備えた学校として、予算も含めて
 さらに検討し、その結果を早急に議会に示すこと。

・市民プール5ヶ所の廃止について → 凍結
 市民合意がはかられていない中、一度に5ヶ所の廃止は唐突であり、再度検討し直し、
 その結果を議会に示すこと。その間、441万円の執行の凍結を求める。

などの意見をつけました。
その他にも計画行政の実施、実施計画の策定など従来から私も疑問に思っていることが
盛り込まれています。

結論的に賛成多数で市長が提示した原案どおりに予算が可決されました。

また、追加案件として、議案第58号 中核市の指定に係る申し出についてが上程されました。
来年度に中核市を目指している尼崎市が総務大臣に対して申請を行うことについて議会に
議案として上程したものです。
この議案も無事可決され、来年度に中核市の指定に向け進んで行くことになりました。
その他、人事案件などの議決が行われ、閉会されました。

明日から、会派で九州に視察に行くことになっていますので、ゆっくり休むことも少し先に
成りそうです。

新年度に向け、一区切りをつけ頑張っていきます。

おすすめの記事