近畿地方も梅雨入りをして、雨がちな日が続いています。
そんな中、大庄中学校で体育大会が開かれたのでおじゃましてきました。

通常、体育大会は秋に開催されますが、
大庄中学校は2学期制実施のモデル校となっていることから
6月に体育大会の実施をすることになったようです。

20080606 大庄中体育大会 (7).jpg

平日にもかかわらず、保護者の皆さんや地域の方々が多く詰めかけていらっしゃいました。

20080606 大庄中体育大会 (3).jpg

私も午後の来賓・PTA競技に出場させていただき、
玉入れをしてきました(^^) 
やはり、何歳になっても楽しいものですね。。。

どの生徒も元気にリレーや綱引きなどの競技に励んでいました。
そんな中、プログラムを見ていてふと、集団演技がないことに気づきました。

体育大会と言えば、男子は組体操、女子は創作ダンスやマスゲームなど
みんなで力を合わせて行う演技があるのが通常ですが、見あたりませんでした。

やはり、4月に新学年になり新たなクラスとなり、GWの長期休暇が間に入り、
中間テストの実施など、慌ただしい日程となることは容易に想像できます。
ですので、演技を練習する時間が足りないのでしょう。

体育大会の華と言えば、徒競走などの競技かもしれませんが、
組体操などの集団演技は"チームワーク"を養うのには欠かせないと
個人的には感じます。(思い出にも残りますしね・・・(^^) )

3年前に文教委員会に所属していたとき、
行政視察などで学校の2学期制や学校選択制の導入について研究を
行ったことがあります。

しかし、2学期制も3学期制も一長一短の部分があるため、
積極的にどちらかの実施が望ましいと自分の中で判断できていないというのが
正直なところです。

今後も2学期制、3学期制という枠組みだけでなく研究を進めていきます。
尼崎にとって教育は市民が解決を求める最重要事項ですから・・・。

おすすめの記事