今日から第19回尼崎市議会定例会が開催されました。

3/23までの36日間の日程で行われます。
一年の内で一番長い議会となっているのと、
予算審議を行うこともあり、一番重要な議会だとも言われます。
平成21年度の当初予算は
一般会計1844億2100万円
特別会計1964億7700万円
企業会計397億3200万円
合計4206億3000万円 と
なっています。
このお金を運用・活用して1年間の市民サービスを
おこなっています。
しかし、このうち99億円は市債(借金)で穴埋めされています。
つまり、入ってくるお金(歳入)と出ていくお金(歳出)が
帳尻があっていない状況です。
無理に帳尻を合わせようとすると市民サービスの低下を
招くことにつながります。
市民のみなさんに負担をかけないように、
絶妙なバランスで財政運営を行わなければなりません。
一つ一つ丁寧に審議をして、
是々非々で議論をしていきますので、
どうぞご注目下さい!
おすすめの記事