あまがさき緑遊新都心という名称で計画が進んでいた

JR尼崎駅北側の旧キリンビール尼崎工場の跡地に

建設している商業施設の名称を

「COCOE(ココエ)あまがさき緑遊新都心」に

するとキリン社から報道がありました。


ニュースリリースによると、

「COCOE」の名称は、施設コンセプトであり、

お客様に提供する3つのバリューでもある

「COMFORT(コンフォート)=快適さ」

「CONVENIENCE(コンビニエンス)=利便性」

「ENERGY(エナジー)=活力、にぎわい」の

頭文字を取った造語だそうです。

また、施設に来館していただくお客様に向けて、

「どうぞ"ここへ"おいでください」という

意味が込められているようです。


我が会派も、施設名に

「あまがさき」という名称を入れて欲しいと

要望していましたので、

サブネームに「あまがさき緑遊新都心」を入れる

配慮をしていただいたように感じます。


オフィスビルや大学、病院など多くの機能を集積した、

快適で便利な、そしてにぎわいのある尼崎の新しい街の

誕生をアピールするとともに、その発展に貢献していきます。

現在、10月のグランドオープンに向けて工事や

テナント誘致を進めています。

核テナントに、株式会社阪急阪神百貨店、

株式会社平和堂、株式会社マルチプレックシアターズ、

セントラルスポーツ株式会社に約130ものテナントが

集まる専門店モールが加わることで多彩な魅力を持つ、

ショッピングとグルメが楽しめる施設として誕生する予定です。

個人的には、昨年にオープンした西宮ガーデンズと

商圏が非常に似通っていると感じるので、

行く末が少し心配されます。


ただ、今は人が集まり、にぎわいや活気が

あふれることを期待するばかりです。

おすすめの記事