9月議会に市立幼稚園の保育料の見直しの議案が提出されています。

経過を見ると、尼崎市の市立幼稚園の保育料は
平成6年から改訂されておらず、近隣都市では何度か改訂が行われているようです。

そもそも改訂が見送られている要因として2年保育の定着を図るためだそうです。
しかし、改訂後10年以上経過していることもあり、改訂を行うようです。

改訂内容としては、
現在年間90,000円(月額7,500円)の保育料を阪神間平均109,200円(月額9,100円)に
引き上げる内容となっています。
ただ、現在在園の園児については今まで通りの保育料とする経過処置が
実施され、この条例の実施は来年の4月からとなります。

おすすめの記事