今日は、都市計画審議会が開催されました。

審議内容は、
<議案>
■尼崎市議案第2号 阪神間都市計画地区計画の決定(尼崎市決定)、武庫之荘5丁目地区地区計画について
<事前説明>
■事前説明第3号 阪神間都市計画地区計画の変更(尼崎市決定)、尼崎臨海西部拠点地区地区計画について
の2事案について協議しました。

まず、最初の議案は、阪急武庫之荘駅北西約0.9kmにある住宅地について住環境の維持のために地区計画を策定するというものです。
各委員からの質疑はありましたが、特に問題となることもなく承認されました。

ただ、敷地面積に対して5%以上という、緑化率の最低限度(130㎡未満は対象外)が設けられているのですが、建物などと違い、樹木は生き物なので当初の建築確認などの書面上は設けることになっていても枯れたりした場合は、是正処置が求められるのか?

という質問をしたところ、極力維持してもらうとの回答でした。

結構厳しい規定となっていますが、どの程度実効性が担保されるのかが疑問です。。。

2点目の臨海地区の地区計画については、土地の利用について多様な提案がなされているが、工場が進出した場合は計画通りに行かないが、どうするのかといった質問がでましたが、特に問題となることもなく、質疑は終了しました。

最後に、前回の都市計画審議会で議論と成った、東海岸町周辺へアクセスするための道路渋滞予測について進捗をお伺いしました。

次回の都市計画審議会で説明をするため準備中との回答があったので、次回の都市計画審議会を待ち立ちと思います。

おすすめの記事