建設委員会が開催されました。

委員長として初委員会ということで、少し緊張しながらの運営となりました。
開会の挨拶に続き、行部の役職者あいさつ・紹介を行い、審査に入りました。
通常であれば、臨時会では議案がないため協議会として開催となるのですが、今回は国の補正予算が大幅に組まれていたため、億単位の補正予算となるので委員会での審査が必要であるとの判断となりました。
議案第93号 平成21年度尼崎市一般会計補正予算 歳入歳出予算のうち、農林水産業費・土木費について審議を行いました。
議論になったのが、市営住宅などが電波障害を引き起こしている家庭へCATVを利用して電波障害解消を行う予算についてです。
2011年7月、地上アナログ電波から地上デジタル(地デジ)電波となるので、電波障害を受けている住居に関して地デジ対応を行おうとするものです。
ただ、地デジ化することで電波障害を受けている住居が減少するのに、予算立てが従来の電波障害地域の範囲を予算化していることについて調査をして無駄を削減すべきとの意見がでました。
しかし、各家庭を調査して確認を行い、地デジ電波がきちんと入るように確認を行おうとするならば、予算以上の費用がかかってしまうので現在の電波障害地域の範囲を対象としていると当局から説明がありました。
また別の議論として、
ケーブルを利用して電波を供給する業者が、色々な業者がある中で、ベイコミュニケーションズになった理由は何かという質疑がありました。
ベイコミュニケーションズ以外の事業者は基本チャンネルが有料となっているため、
ベイコミュニケーションズと契約を結ぶことにしているとの説明がありました。
以上のような質疑が相次ぎましたが、全会一致で賛成となりました。
その後、8/4に市内視察を行うことと、10/21~23にかけて行政視察を行う調整を行いました。
そして、各局から主要な事務事業の計画と現在の進捗状況について報告を受けた後、公営企業審議会の答申について説明を受け質疑を行い、以上で初めての委員長の職務を終えました。
おすすめの記事