みなさんもニュースでご存じのように、子ども手当に関する事案がありました。

「タイで養子」、子ども手当554人分申請…尼崎

 兵庫県尼崎市の韓国人男性がタイで養子縁組したとする554人の子ども手当(年約8600万円)を市に申請しようとしたが、市が受理しなかったことがわかった。制度では、手当は養子にも支給されるが、市から問い合わせを受けた厚生労働省は「子ども手当の趣旨に合わず、支給されないケースにあたる」と判断した。同省は「これだけ大量の申請を確認したのは初めて」としている。

 市によると、男性は22日、「タイ人の妻との間で、タイの修道院や施設の子ども554人と養子縁組しており、子ども手当を申請したい」と窓口を訪れ、養子縁組を証明するものとして、子ども一人ひとりの名前と生年月日、出生地が記録されたタイ語の書類と日本語訳を示した。「タイに定期的に渡航し、現地で子どもたちと寝起きしている」と説明した。

 子ども手当は、海外に子どもを残してきた外国人も対象としている。「年2回以上面会している」「4か月に1度は生活費を送金している」ことなどが条件とされているが、人数制限は設けていない。このため、国会で問題点として指摘されていた。

 同省が作成した制度を説明する「一問一答」では、「母国で50人の孤児と養子縁組を行った外国人は手当を支給されない」と例示していた。同省は「554人の子どもと生計を同じくしているとは判断できず、社会通念上も認められない」としている。

(2010年4月24日  読売新聞)

という内容です。

新聞にもあるように、厚生労働省の見解で支給に値しないとのことで申請が拒否されました。
こんなケースがあることが想定できなかったのだろうか・・・。
現場で起こっていることをもっと見ることが必要ではと感じる事案です。
おすすめの記事