今日、明日と第37回尼崎市民まつりが開催されます。

例年の市民まつりは尼崎市役所や周辺の橘公園を中心に
行われるのですが、今年はJR尼崎駅の近くにある尼崎記念競技場の周辺で
行われることになりました。

市民が中心になって協議会がつくられ、実行委員会形式で実施されています。
そこ実行委員会で開催場所の変更は決定されたようです。

また、会場移動にともなってパレードを取りやめたり、開催時間を18時ころまで
とするなど、色々変更を行うようです。

実施後の市民からどのような声があるか見守らなければいけません。

下記の写真は、だんじりの山あわせを競技場の外側の道路側からみている
市民の様子です。

s-20081004 尼崎市民まつり.jpg

競技場の中は決められたところからしか見えないようにブルーシートで
目張りされていたのですが、競技場の外側は途中でブルーシートの目張りが
なくなっているため、自転車で通行している人や歩行者が道路に立ち止まって
見学していました。

写真のように自転車が不法駐輪され、道路幅が狭くなっており、
危険な状況になっていました。

会場を変更しての市民まつりですが、無事、事故がなく進んで欲しいと
思います。

おすすめの記事